ホームページをつくった後に考えることといえば、ターゲットとする見込み客へ、自社サイトを見てもらうことだと思います。

その場合、自社サイトへの誘客手段としては、主に次のことが挙げられます。

ホームページへの集客方法

  • SEO(Google、Yahoo!、Bingなどの検索エンジン対策)
  • リスティング広告(1クリックいくらでお金を払って検索エンジンへ表示する手法)
  • メールから(署名を付ける、メルマガ)
  • ソーシャルメディア(Facebookやtwitter、YouTube、LINEなど)
  • 名刺(URL記載)
  • チラシなどの販促物(URLやQRコード、◯◯で検索など)

今回は上記の中で、リスティング広告の話をしたいと思います。
リスティング広告を行う場合、どの本やコンサルタントも、「まずはGoogleのAdWordsから始めましょう」といわれます。

その理由は、Yahoo!の検索エンジンもコアなエンジンはGoogleのエンジンを採用しているからだとか、Yahoo!よりもGoogleの検索エンジンのほうが優秀だからとか言われたりしますが、最近はGoogleのAdWords広告を利用する企業が増えたため、単価が高騰してきています。

もし、あなたが既にAdWords広告を既に行っているが、望ましい成果が得られていない場合、次に打つ戦術としては、「Yahoo! プロモーション広告」をオススメします。

最近読んだ本では「アドワーズ広告より単価が安い」とあり、もしあなたが初心者向けのサービスや商品を販売しているのであれば、ユーザーはGoogleよりYahoo!で検索しているかもしれません。

ということで、本日はリスティング広告のお話でした。。。