ホームページを構築後、Googleアナリティクスでアクセスを設置することが多いと思うのですが、その場合、自分で更新後に確認したりして、実はじぶんのサイトをよく見るのは自分だったりしますww

そこで、じぶんのアクセスを除外したいと思うのですが、巷の書籍ではじぶんのIPを調べてそのIPを除外する設定をGoogleアナリティクス側で行うとか、キャッシュを利用してそのキャッシュから除外する方法が書かれていたりします。

IP除外の設定でいえば、システム会社であれば、固定IPを取得しているところも多いのでしょうが、通常の会社や自宅から作業する場合、固定IPを取得している人って、稀じゃないでしょうか。

どれも、コレはという方法がなかったのですが、最近見つけました。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオン

この手法は、ブラウザの拡張機能を使って、アクセスを除外するのです。
ひと通りのブラウザに対応しており、使用可能です。

  • Internet Explore7~10
  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Apple Safari
  • Opera

スクリーンショット 2015-03-12 21.21.32

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

 

わたしは、いまMacがメインマシンなので、SafariとChromeとFirefoxの3種類をインストールしました。

念のため、ブラウザの機能拡張の部分を調べて、ちゃんとインストールされ有効化されているか確認します。

Safari 機能拡張

ぜひ、お試しあれ。。。

 

WordPress Life! Wonderful Life!